お琴教室
筝と琴
お琴 琴は、弦楽器の総称であり、”筝”は、柱(駒/ブリッジ)を動かすことが出来るものを言います。
 
三 曲
そもそもの意味は、文字通り、「三つの曲」という意味です。ですから、箏曲の三曲といえば、箏曲の始祖八橋検校が作曲した箏曲の中で、最も重要な三つの曲、すなわち「四季の曲」・「扇の曲」・「雲井の曲」の三つをいいます。
しかし「三つの楽器」としてとらえて、江戸時代には箏と尺八と胡弓そして明治以降では箏と三味線と尺八という解釈が一般的なようです。
 
琴の由来
 唐の時代、中国より雅楽の楽器の一つとして伝来した。
 それが我が国で箏曲として大成したのは室町時代に九州の久留米・善導寺の僧賢順が雅楽と琴曲の影響を受けて筑紫流といわれる箏曲を起したことによる。
 この筑紫流は、その後八橋流を経て生田流を生み出すこととなった。
 その後山田検校によって、山田流が生み出され、それにあわせて琴師重元房吉によって音量、音質の良い楽器へと改良された。
 これが現代の琴の原形で、やがて東京琴となり今日では山田流、生田流を問わず幅広く採用されるようになった。
 
生田流と山田流

「生田流」
八橋検校によって「組歌」形式の箏曲が創られ、その後「段物」といわれる器楽的な箏曲も加わり、元禄時代には京都はもとより江戸、大阪にまで広がりその当時八橋検校の流れをくむ京都の人々が同じ八橋検校の系統で代表的な箏曲家の生田検校の名前にちなんで、「生田流」というようになった。
 □組歌:八橋検校などが作曲、箏だけで演奏  
 □段物:八橋検校以後に現在の形に完成した器楽曲、三弦でも演奏  
 □手事物:本来は三弦曲に箏を合奏させたもの

「山田流」
江戸の山田検校の系統の人々が、文化・文政時代に山田検校の名にちなんで、「山田流」というようになった。「山田流」の人々は、山田検校などが作曲した「山田流箏曲」の曲目を演奏することを得意としました。「生田流」の人々は、原則としては、「山田流箏曲」は演奏しませんが、「山田流」の人々は、八橋検校などの作曲した組歌などを演奏しないというわけではありませんでした。箏と三弦での演奏が主体。

 
私の調べた限りの範囲での解説となっておりますので、もし内容に不備がございましたらご指導いただけると幸いです。
今後も内容の充実に勤めて行きますので宜しくお願いします。
またこのコーナーで取り上げた方が良いと思われるような内容がございましたらお教え下さい。
検討の上なるべく取り上げて皆様のお役に立つようなコーナーにして行こうと思います。
 
 
[TOPPAGE] [お琴の話] [お琴歳事記] [お琴リンク] [お問い合せ]
 
福岡便利帳
 

Copyright © 2000〜 kayu-okotokyoshitsu. All rights reserved.Site developed by LunaPark